CBDについて知る

CBDについて知る

CBDの副作用・デメリット

デメリットも知って判断することが大切

CBDは私たちの身体に高い健康効果を与えてくれることで世界中から注目されています。医療現場だけでなく気軽に買える多くのCBD製品が販売されており、市場規模は右肩上がりに伸びています。
これからCBD製品を使ってみようという時に気になるのが、“安全性”ですCBDの原料は麻(大麻草・ヘンプ)ということもあり、マイナスなイメージを持ってしまうという方も多いでしょう。

CBDは、基本的には安全性の高い物質です。日本では聞き馴染みがないという方が多いですが、世界では多数の臨床実験や研究を経て様々な論文が公表されています。これらの化学的な研究やレビューを元に、WHO(世界保健機関)は2017年にCBDについて以下のような報告をしています。

忍容性とは、製薬・医薬業界の専門用語で『副作用の程度』を表す言葉です。WHOの報告書にある、「忍容性が良好」とは「副作用がほとんどないかあっても非常に軽い」ということを意味しています。

CBDに関して実際に行われて実験では、最大1日1500ミリグラムのCBDを長期間摂取しても副作用は起こらなかったというデータもあります。
またアメリカの国立がん研究所は、『CBDが作用するカンナビノイド受容体は呼吸を作用する脳幹に存在しないので、CBDの過剰摂取により死亡することはない』との研究結果を示しています。

これらのことから、CBDは副作用がほとんどなく安全な成分であることが分かるでしょう。
ただ、副作用が“全くない”というわけではありません。体内にはない物質を取り込む以上、どんなに安全性の高い物質であっても、副作用がゼロであるとは断言できないのです。
メリットなど良い点ばかりではなく、悪い部分にもしっかりと目と向けて、リスクを回避しながら上手に使っていくことが私たち消費者には求められています。

CBDの副作用

CBDの摂取やCBD製品の利用によって起こり得る副作用についてご紹介します。

頭痛

CBD製品の中には、質の悪い商品というものも一定数存在すると言われています。ヘンプには土の浄化効果があると言われており、成長の過程で土に含まれる有害物質を吸収してしまうのです。
汚染された土壌での栽培や加工時に人体に悪い影響を及ぼす薬剤を使っているなど、粗悪なCBD製品を使った人からは、頭痛などの副作用が報告されることが多々あります。

薬物間相互作用

薬物相互作用とは、複数の薬物を併用した時に有害な作用が起こることです。CBDだけに限った話ではありませんが、薬物を複数種類摂取する際にはこの相互作用の有無をきちんと調べる必要があります。 CBDと相互作用を起こす可能性がある医薬品というのは、複数報告されています。

上記に当てはまらなかったとしても、今現在、薬を常飲しているという方は、その薬とCBDとの間に相互作用がないかどうか、かかりつけ医に相談することが推奨されます。

発がん性物質

CBDリキッドなどを、電子タバコを使って摂取する場合には、使用するCBD製品の成分をしっかりとチェックしてください。

上記のような成分を希釈剤として含んでいる製品があります。これらの成分は、加熱することで発がん性のある有害物質に変わりますので、摂取は避けましょう。
(※CBD自体に発がん性物質が含まれているということではありません)

CBDのデメリット

CBDもメリットばかりではありません。デメリットとされる3つの点についてもきちんと理解して、使用するかどうかの判断をしましょう。

効果には個人差がある

神経学者であり、CBDなどのカンナビノイドが作用する受容体である“エンドカンナビノイド・システム”に詳しい、イーサン・ルッソ博士はCBDの効果について以下のような発言をしています。

つまり、個人差が大きいということを言っているのです。同じCBD製品を同じ量摂取したとしても、効果を実感できる人とそうでない人がいる・自分にあったCBD製品をすぐに見つけられる人もいれば、様々な商品を試した後に見つけられる人もいるでしょう。

これはCBD製品に限らず、多くの健康食品やサプリメント・医薬品において言えることです。CBDは、誰もが同じ様に使って同じように効く万能薬ではないということを頭に入れておきましょう。

選び方が難しい

例えば同じCBDオイルでも、CBDNの含有量・CBD以外の成分・CBDの産地・元となった大麻草の作られた環境などによって製品の質が大きく変化してきます。
国内で生産された麻を使って、国内の検査機関での検査を経て、国内で商品化されたというCBD商品は法律上存在しません。成分標記や検査結果などが外国語表記になっているものが大半です。そのため、良い製品の見極めが容易ではありません。
これに加えて、CBD製品に関する法整備がまだ諸外国を含めて整っていないため、粗悪な商品も存在するのが現状です。

CBDの含有量や成分標記・検査結果の見方などを調べながら、購入する商品を選んで行く必要があります。

日本国内では医療用として認められていない

例え自分の抱えている身体のトラブルに対して、CBDが非常に効果的であったとしても、今は茎と種由来のCBDだけのものしか使うことができません。保険適用外であることから、コスト的な問題や高濃度の医薬品成分が使えないといった問題が出てくるでしょう。
世界的な傾向から推察すると、この先国内での医療用大麻の導入は100%不可能ということではありませんが、現段階では認可されていません。
医療目的で使いたいと患者が希望しても、法律上使うことができないこの現状をデメリットだと感じる人もいるでしょう。

お問い合わせ
CONTACT

ページのトップへ