CBDについて知る

CBDについて知る

フルスペクトラム、ブロードスペクトル、アイソーレについて

専門用語の意味を知ろう

CBDをはじめとしたカンナビノイド製品は世界で大きく需要が高まっています。しかし日本国内においては、医療用・嗜好用の大麻共に認可されていないという点も要因となりまだまだマイナーな分野です。そのため必要な情報を自分で集めて学んでいく必要が出てくるでしょう。
CBD製品であれば、どの製品を使っても同じということではありません。CBDを使いたい理由やライフスタイルが一人一人異なるように、自分にあった製品を正しく選ぶためにもCBDに関する正しい知識や情報を自分で取捨選択していくことは非常に重要です。

そんな時に多くの人がつまずくポイントとして、『専門用語の難しさ』があります。
ここでは3つのCBDやカンナビノイド製品に関する専門用語を、分かりやすく解説していきます。

フルスペクトラムCBD

麻には100種類以上の薬理成分“カンナビノイド”が含まれています。さらにはカンナビノイドだけでなく、ミネラル・脂肪酸・テルペン・フラボノイド・たんぱく質など様々な物質も含まれており、その数は400種類以上です。

一般的なCBD製品は、この麻の成分からCBDだけを抽出して商品を作っていきます。
一方で“フルスペクトラムCBD”は、この抽出作業を行わないので麻に含まれるすべての成分がそのまま製品として使われています。

抽出の手間をかけずに大量に製品化することがすることができるため、CBD製品の中でも比較的安価で購入することができるでしょう。
CBDは単体で摂取することよりも、トリコームに含まれるその他の成分と一緒に摂取することで効果が高まると考えられています。フルスペクトラムCBDはTHCやテルペンなどすべての成分を含んでいるので、相乗効果で高い健康効果を得ることができると考えられているのです。

ただし麻が栽培過程で殺虫剤や汚染土壌などから吸収した、人体に悪影響を与える物質が成分として含まれている可能性もある他、国内で認可されていないTHCを含んでいる可能性が高いので日本への輸入・国内での使用はできません。

ブロードスペクトルCBD

フルスペクトラムが全ての成分を含んでいたのに対し、全部ではないもののCBD以外の成分も複数含んでいる製品を“ブロードスペクトル”と呼びます。同じ意味で“マルチスペクトラム”という言葉も使われています。

CBD製品のメーカーによっては、「THCだけを除去したものをブロードスペクトルと呼ぶ」「CBDと○○を含んだものがブロードスペクトル」という異なる説明が見受けられます。
ブロードスペクトルという言葉の意味としてはどちらも正解です。すべてではないものの、麻に含まれるいくつかの成分が混ざっているのであればそれはブロードスペクトルとなります。ただ、その成分が何なのかについてはメーカーにより異なるのでしょう。

製品に関して言えば、THCだけを除いたブロードスペクトル製品が主流となっています。日本の法律で禁止されているTHCが除去されていれば、国内使用も可能です。

アイソレート

麻のトリコームに含まれる400種類以上の成分の中から、CBDだけを抽出・精製して取り出したものを“アイソレート”と呼びます。99%純粋なCBDであり、多くは純白の粉末です。メーカーによっては「CBDクリスタル」や「結晶CBD」「CBDパウダー」と名前を付けて販売しているところもあり、基本的には無味無臭です。

アイソレートは油に簡単に溶ける性質を持っているので、自分でティンクチャーを作ることや食品に混ぜて摂取することが可能です。
国内の大手インターネットサイトなどでも、ヘンプ由来のCBDアイソレートは多数販売されています。

お問い合わせ
CONTACT

ページのトップへ