CBDについて知る

CBDについて知る

CBDとドーピングについて

ドーピングと見なされる薬物

世界ドーピング防止機構(WADA)が定めた禁止薬物を使用してスポーツ競技に参加することを“ドーピング”と呼びます。
ドーピングに該当する禁止薬物は以下の条件で選定されており、①~③いずれかに該当すると禁止薬物として指定されます。

代表的な禁止薬物としては、ホルモン剤やステロイド剤など『筋力増強剤』やモルヒネをはじめとする『鎮痛剤』・エフェドリンなどの『興奮薬』・『血液ドーピング』があげられます。
禁止薬物は毎年更新されており、新しく普及した物質などにも順応に対応できるようになっています。
ドーピングに対する罰則は世界的にも厳しいものとなっており、刑事罰や入賞資格の剥奪・以降の大会参加資格の剥奪といった刑が科せられます。使用者が個人であったとしても、チーム全体ひいては自国やその競技そのものにも大きな影響を与えることになるでしょう。

WADAでは世界各国に支社を置き、国内アスリートに対してアンチ・ドーピング活動を行っています。日本には日本アンチ・ドーピング機構(JADA)という公益財団法人があり、様々なプロジェクトを通してスポーツやアンチ・ドーピングの活動をサポートしています。
直近では、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンについても触れるなど、アスリートやスポーツ関係者が安心して活動できるよう、最新の情報も都度更新されています。

CBDはドーピングと見なされない

2021年現在、CBD(カンナビジオール)は禁止薬物として指定されていません。
CBDが禁止薬物ではなくなったのは2018年1月からであり、それ以前は大麻と同様であるとみなされていたため、禁止薬物に指定されていました。

CBDが禁止薬物として定められていたのは、WADAが禁止薬物を指定する時の条件に該当すると考えられていたからです。

大麻には、100種類以上のカンナビノイドという成分が存在します。大麻を吸引することで気分がハイになったり幻覚症状が出たりするのは、カンナビノイドの中に精神作用が強い物質が含まれているからです。

現在CBDが禁止薬物から除外されたのは、『(大麻に含まれる他の)カンナビノイドとCBDでは身体に与える影響が全く異なる』ということが分かったからであると推察されます。

CBDもカンナビノイドの一種ですが精神作用はなく、私たち人間の身体にマイナスの影響を与えることはないと分かっています。研究が進んでいく中で、CBDのその高い安全性については多くの医療関係者が認めています。従来の薬物治療よりも精神作用がなく、幅広い薬理効果を持つといわれているCBDは多くの人に受け入れられています。その証拠に、CBDの販売を解禁する国々は増加の一方を辿っています。

このことから、ひとくくりに“カンナビノイド”として禁止されていたCBDですが、CBDのみ独立した物質として考えられ、禁止薬物から除外される運びとなったのです。

実際にアスリートの使用例は増えてきている

パラアスリートは鎮痛作用や抗炎症作用・精神安定など医療的な目的でCBDを摂取している人が多いと言われています。また近年では、健康目的でCBD製品の使用をSNS上で公表している一般のアスリートも増えてきています。
肉体を酷使する練習を重ねるアスリートにとっては、質の良い睡眠は非常に重要です。CBDは身体の本来持つバランスを整える作用があるので自然な入眠を促し、質の良い睡眠をとることができるようになります。身体が資本であるアスリート達にとって、CBDは強い味方となっているのでしょう。

CBD以外の大麻はドーピングの規制対象

大麻由来の物質で除外されているのはあくまでもカンナビジオール(CBD)のみであり、その他のカンナビノイドは規制対象のままです。
WADAが毎年1月に公表している、禁止薬物の一覧を実際に確認してみましょう。

《2018年~現在》 The World Anti-Doping Code Prohibited List

↑2021年1月に公開されたリストの、大麻やカンナビノイドに関連した部分を一部抜粋して和訳しています。

上記から、カンナビジオール(CBD)以外のすべてのカンナビノイドが禁止薬物に指定されていることがわかります。例外として使用が許可されているのはCBDのみです。
大麻草に多く含まれており精神作用が強い「THC」はもちろんですが、CBDと同じく精神作用が少ないとされている「CBN」でさえも例外ではありません。

CBD製品の中には、微量のTHCや他のカンナビノイドの成分を含むものも存在します。スポーツ大会にて許可されているのはCBDのみなので、純粋なCBD製品を選ぶようにする必要があります。

《参考資料》
WADA(世界アンチ・ドーピング機構):https://www.wada-ama.org/
JADA(日本アンチ・ドーピング機構):https://www.playtruejapan.org/

お問い合わせ
CONTACT

ページのトップへ