CBDについて知る

CBDについて知る

日本と大麻の歴史

今でこそ法律で規制されている麻ですが、元々日本は麻と深いつながりがあるということをご存知ですか?
縄文時代の貝塚から麻の実が見つかっている他、弥生時代ごろからの布製品はほとんどが麻製であったと言われています。

縄文時代の人は麻の実を食用として食べていたことや、その後麻の茎の繊維を使って布製品を作ることに成功したことが読み取れます。

大麻は古来より親しまれてきた植物

布製品の原料となる木綿が奈良時代~鎌倉時代ごろに普及するまでは、麻を原料とした布製品が主流で、木綿が普及した後も丈夫なその材質から必要に応じて麻製の布が使われます。その後も、糸・縄、布、網、衣類などに麻が主要な原料として使われていたことが分かっています。

万葉集や風土記など複数の書籍に麻に関する記述がみられるほか、絵画にも麻の模様をあしらったものが残されています。しかし、ドラッグのように嗜好用としても楽しまれていたという内容の記述は残されておらず、あくまでも実や種を食用とすることや茎の繊維を原料とすることに使われていました。

麻は、そのまっすぐ健やかに育つ様子から、縁起の良い植物と考えられてきました。平安時代の着物の柄には麻の葉の形をモチーフとしたものが多かったと言われています。神社の神紋や名家の家紋にも使われるなど人気が高く、他にも成長スピードの速さや丈夫さにあやかって、麻の模様をあしらった産着を着せる風習があったとも言われています。

1600年代頃から、麻が医療目的で使われるようになります。麻の葉を乾燥・粉状にさせた「阿保薬」というものが民間療法として取り入れられ、食事やお茶に混ぜて摂取すると気が抜けて虚けになるとして鎮静薬・催眠薬として広く使われます。同じく江戸時代には、農学者が書いた書物「大和本草」に「大麻はマラリアに効く治療薬となる」と記されています。
明治時代には「ぜんそくたばこ印度大麻草」という喘息用の薬が販売され、当時の新聞にも大きく取り上げられるなど大変話題となりました。

大麻の規制が始まる

第二次世界大戦以降、1930年から大麻の規制が始まります。「麻薬取締規則」というものが制定され、ここから「アサ=麻薬=危険で排除すべきもの」というイメージが根付いていくのですが、当時の日本では大麻を嗜好品として使うという概念がありませんでしたのでこちらの規則はあまり浸透しませんでした。
しかし1945年に日本がアメリカとの闘いに敗れたことで状況は一変し、GHQ(連合国軍総司令部)の指示の元、1947年に「大麻取締法」が制定されるという流れになります。
そしてその翌年1948年には「大麻取締規則」が現在の「大麻取締法」へと名前を変えて取り締まりが続いていき、その後、規制の範囲や罰則の厳重化など繰り返し改定が行われて現在に至ります。

このように規制が始まった背景には、アメリカで作られる合成繊維の輸出をスムーズにするために日本での大麻草の栽培を規制することとしたという説や、国内の化学工業を発展させるためという説・アメリカ本土で流通していた嗜好品としての大麻を規制させるために占領国である日本にもアメリカの価値観を押しつけたのではないか、などいくつか説があります。

現在の日本と大麻

現在、大麻取締法では日本国内での大麻の栽培を禁止しています。国の認めた限られた人のみが栽培することができるものの、茎と種子以外は処分が義務付けられています。北海道や栃木県など一部の栽培している地域もありますが、その多くが中国など諸外国からの輸入でまかなわれています。

世界では、大麻の精神作用成分であるTHCの含有量で法律を定めるもしくは全面的に禁止をするといった制限をかけている国が多く、このように部位によって取り扱いの制限をかけているのは非常に珍しく、変わった法律として海外のメディアに取りあげられたこともあります。

茎は発酵させて精麻と呼ばれる繊維素材にすることで、植物繊維として使われています。麻と石灰を合わせることでヘンプクリートという建築材料になる他、茎をそのまま炭にした麻炭というものもあります。
種は、麻の実・ヘンプシードともよばれ栄養化の高いスーパーフードとして近年注目を集めています。鳥類などのペットフードとして販売される他、油を搾り取って食用とするほか美容製品やバイオ燃料としても使われています。

麻と聞くと、現在では完全に禁止されているもののように思えますが、周りを見てみると意外と身近に存在するのです。これは、麻という植物が産業的に優れていることや栄養化が高く重宝されていることが理由です。

日本の規制も緩和されるのか

日本は、古来より大麻草と深い関係にあったことが分かります。江戸時代や明治時代には医療用として使われることもありましたが、現在では規制されており医療用・嗜好用ともに禁止されています。茎と種子など法律で許可されている部分に関しては、今も私たちの身近で生活を支えてくれています。
近年世界では大麻の取り扱いを見直し、規制を緩和する国が増えてきています。日本でもこの先大麻との付き合い方が大きく変わってくるかもしれません。

お気軽にご連絡ください
03-6431-9111
月~金9:00~18:00

法人・組織名

お名前 [必須]

電話番号 [必須]

メールアドレス [必須]

お問い合わせ内容 [必須]

送信することでプライバシーポリシーに同意したものとします