洗濯洗剤・柔軟剤について学ぶ

洗濯洗剤・柔軟剤について学ぶ

衣料用の除湿剤とは?効果や使い方について

クローゼットや押し入れといった収納スペースに、除湿剤を置くのは何のためなのかご存知ですか?
衣類と湿気の関係性や、除湿剤の正しい使い方について分かりやすく解説していきます。

除湿剤のメカニズム

除湿剤とは、湿気を取り除くための薬剤の名称です。主に収納空間の湿気を取り除くために使用され、押し入れ・クローゼット・靴箱など密閉空間で効果を発揮します。

主な成分は、塩化カルシウム(CaCl2)という名前のカルシウムと塩素が結合した物質です。塩化カルシウムは、豆腐やチーズなどの凝固剤として食品添加されることがあるほか、カルシウムの補強材や飲料の硬度の調整剤としても活用されるなど私たちの身近な様々な場所で使われている物質です。

吸水性が非常に高く、触れている部分の空気に含まれる水分を吸収し空気中の湿度を下げることができます。塩化カルシウムは通常固形~粒状ですが、空気中の水分に触れると、その部分が化学変化を起こし少しずつ吸水して液体状になっていきます。
使い終わった除湿剤に溜まった水溶液は、水ではなく塩化カルシウム水溶液で弱アルカリ性の性質を持った液体です。

一方、食品が湿度によって湿気てしまうことを防ぐ際に使われているのは「乾燥材」で、除湿剤とは違いシリカゲルや生石灰が使われています。これらにも同様に水分を吸着する効果がありますが、塩化カルシウムの方がより多くの水分を吸着することができるため、密閉空間の除湿剤には塩化カルシウムが採用されています。

生活様式の変化に伴い、様々なバリエーションの除湿剤が販売されるようになりました。ゼリー状に固まるタイプのものや真空パックのような形状で吊るしておけるタイプのものなど、バリエーションは様々です。

湿気と衣類

衣類や布団などの収納スペースに除湿剤を置くのは、湿気と衣類の相性が悪いためです。
日本は高温多湿であるとされ、全国の年平均湿度は70%前後と高水準で推移しています。衣類の保管に適した湿度は50%以下と言われており、除湿をして20%近く湿度を下げる必要があることがわかるでしょう。

湿気が高い場所に衣類を保管しておくと、様々なトラブルの原因となり、衣類の品質低下はもちろん収納場所の素材を傷めることにも繋がります。

以下では、素材を痛める原因となる害虫、カビ、雑菌について詳述します。

害虫

衣類を食べるイガやカツオブシムシの幼虫などの害虫は、暗くて湿度の高い場所を好みます。研究データによると、湿度50%以上になると行動が活発になり湿度が上がれば上がるほど繁殖力・食害範囲は広がりやすくなると言われています。

また、アレルギーの原因ともなるダニも同様に50%以上の湿度の場所を好み、湿度が60%を超えると一気に繁殖力が増します。

カビ

カビとは真菌という微生物の一種で、自然界の至るところに存在する物質です。確認されているものだけでも数万種類以上のカビ菌が存在します。胞子は5μm前後と非常に小さいため、空気中に漂っていても目視で確認することは出来ません。

25℃以上の環境、湿度60%以上の環境を好み、環境が整うと壁や衣類などについた胞子が植物のように細胞分裂を繰り返してどんどん繁殖していきます。

雑菌

クローゼットを開けた時の籠ったようなニオイは、主に衣類の繊維の奥で繁殖した菌が原因です。水分・温度・栄養の3つの条件が整うと雑菌は一気に繁殖していきます。

細菌は微生物ですので、特に水分の存在は必須です。中には乾燥に強い微生物もいますが多くの微生物は活動するために水分を必要とします。

湿度が高い場所で保管された衣類は、少しずつ繊維に空気中の水分が取り込まれてしまいます。これにより繊維の奥に残った雑菌が大量に繁殖し不快なニオイを発生させます。

除湿剤の正しい使い方

電気の力を使った除湿機と比べてしまうと威力は落ちますが、置いておくだけである程度の除湿をしてくれる除湿剤は忙しい人にはピッタリです。

空気の流れがない場所では、空気は下に向かって重くなり四隅に向かって滞留が起こります。そのため、クローゼットであれば上よりも下の角に除湿剤を置いてあげると効果的です。梅雨の時期など、湿度が高い日が続くような季節には除湿剤の個数を増やしたり扇風機で空気の循環を行うなど組み合わせてケアをしてあげるとより効果的です。

なお、湿気を吸い取った除湿剤をそのままの状態で置いておくと、逆に湿気が空気中に戻ってしまうこともあります。製品の取替えサインをこまめに確認し、使い終えた除湿剤は早めに処分するようにしましょう。

除湿剤を活用しよう

湿度が高い環境での保管は、衣類にとって様々なトラブルを引き起こすリスクがあります。除湿剤は置いておくだけで収納スペースの湿気を取り除いてくれるとても便利なアイテムです。収納方法の工夫や除湿剤を上手に活用して、衣類を適切に保管していきましょう。

お気軽にご連絡ください
03-6431-9111
月~金9:00~18:00

法人・組織名

お名前 [必須]

電話番号 [必須]

メールアドレス [必須]

お問い合わせ内容 [必須]

送信することでプライバシーポリシーに同意したものとします