CBDについて知る

CBDについて知る

ドーピング違反は大丈夫?CBDとスポーツの関係

アスリートは、大会などでスポーツパフォーマンスを向上させる薬物を摂取するとドーピング違反として処罰されてしまいます。一般的にはドーピングというと、筋力増強剤やステロイド剤などがイメージされますが、一般的な薬剤にもドーピング違反となる成分が含まれていることがあります。

アスリートと薬

《禁止薬物が含まれている可能性があり、注意が必要な薬》
医療用医薬品 風邪薬・咳止め・喘息治療薬・抗アレルギー薬・インスリン・婦人科系の薬・血圧を安定させる薬・不整脈の薬
市販薬(OTC薬) 総合感冒薬・鼻炎薬・抗アレルギー薬・咳を止める薬
漢方薬 麻黄・ホミカ・ストリキニーネ・海狗人・麝香
サプリメント 蛋白同化ホルモン・エフェドリン・利尿薬・エノボサルム

参照:東京都 薬剤師会 意図しないドーピングを防止しよう

スポーツパフォーマンスの向上を目的としていないこれらの薬も、ドーピング違反として規定に抵触する恐れがあるためアスリートは使用に最新の注意をはらっています。
特に注意が必要なのはサプリメントです。サプリメントは医薬品ではなく食品扱いなので、含有成分が商品表示にすべて記載されていないものも多く存在します。そのため、知らないうちに禁止薬物を摂取してしまうリスクがあります。

スポーツマンに向けたCBD

アスリートは身体が資本ですので、必要な栄養素をしっかりと補給し、身体をベストなコンディションに仕上げておくことが重要となります。そのためにサプリメントや漢方薬などを使って、身体のバランスを整えたいと思うでしょう。しかし冒頭で解説したように、不用意にサプリメントを摂取することでドーピングとなってしまうこともあるため注意が必要です。

そこで、ドーピングの心配なく身体をベストな状態に保つサポートをしてくれるとして、CBDが多くのアスリートに支持されています。
ドーピングに関する規約を取り締まるWADA(世界アンチ・ドーピング協会)の規定では、CBDは禁止薬物に指定されていません。そのため、ドーピング違反の心配なく安心して摂取することができます。近年では、スポーツマンやアスリートへ向けた多くのCBD製品が世界中で販売されるようになっており、さまざまな国の大会やスポーツイベントのスポンサーをCBDメーカーが務めることも珍しいことではありません。

これらの製品は、スポーツ前後のボディケアを考え強い骨の維持に必要な栄養素であるビタミンDなどの栄養素が配合されているものや、清涼感や鎮静効果のあるメントールなどの成分が合わせて配合されているなどの特徴があります。他にも、スポーツ中に摂取しやすいようにスポーツドリンクにCBDが混ぜこんであったりと、スポーツマンやアスリートに特化した工夫がなされています。

CBDとスポーツパフォーマンスの関係


CBDが世界アンチ・ドーピング規定に禁止薬物として指定されていないことから、CBDにスポーツパフォーマンスを向上させる働きがないということが読み取れます。
CBDを摂取することで持久力が高まる・筋力が増強することはありません。
では世界のアスリートが好んでCBDを摂取する理由とは、一体何なのでしょうか?

それは、CBDのもつ様々な薬理効果が身体に良い影響を与えることで、バランスのとれた健康的な体を保つサポートをしてくれるからでしょう。

CBDは、身体本来が持つ能力を増強させる力は持っていません。しかし、体内で上記のような働きをすることで、身体を常にベストなコンディションに保つサポートをしてくれます。
従来は、トレーニング前後のボディケアや痛みの緩和にサプリメントや鎮痛剤を使う人も多くいました。しかし鎮痛剤は依存性が高い上に痛みの原因の根本的な解決には繋がらないことも多く、問題視されています。睡眠や不安感など精神系の薬やサプリメントも同様であることに加えて、ドーピング指定成分が混じっていることが多いと懸念されていました。

その点、CBDは自然由来の合法的な成分であると共にボディケア・メンタルケアの一助となってくれる非常にありがたい成分なのです。

アスリートも安心して使用できる

CBDには、スポーツパフォーマンスを向上させる働きはありません。そのためWADA(世界アンチ・ドーピング協会)の禁止薬物リストにも含まれておらず、アスリートでも安心して摂取することができます。
日頃のトレーニングで酷使した身体を、回復させて常に良い状態を維持するための一助として多くのアスリートやスポーツマンが愛用しています。

お問い合わせ
CONTACT

ページのトップへ