プロテイン

【スーププロテインのOEM】温活や置き換えダイエットにもおすすめ

健やかな健康と美容のために、プロテインを摂取している人におすすめなのがスーププロテインです。プロテインは、飲むというイメージがありますが、スーププロテインは、食事感覚で楽しめるため、ダイエットをしている人に置き換え食としても人気です。

スーププロテインとは?プロテインドリンクとの違い

一般的なプロテインの場合、特に運動後にプロテインを摂取する人は、手軽さとスッキリ飲めることから、水でプロテインを割る人が多いでしょう。運動後以外で、朝ごはんや間食代わりにプロテインを摂取する人の場合、牛乳豆乳やアーモンドミルクで割るという声もあります。

自分が好きな割方で楽しめるプロテインですが、プロテインの種類によっては、熱変性があるため、温かい飲み物に混ぜるより、冷たい飲み物に混ぜることが多くなります。スーププロテインは、熱の影響を受けないプロテイン原料を使用することで、温かいスープで摂取できるのが特徴です。
また、ドリンクではなくスープなので食事として満足感や楽しみを感じられるのが人気の理由です。

スーププロテインはどんな人におすすめ?

スーププロテインは飲むというより、食事としても楽しめる点が人気の理由です。どんな人にスーププロテインがおすすめなのかご紹介します。

健康的な食生活をしたい人

栄養バランスが整った食事は、なかなか難しいものです。スーププロテインには、タンパク質の他にもビタミンやミネラルなどの栄養成分が多く含まれていることから、食事で補いきれなかった栄養素をスーププロテインでサポートすることができます。

美容や美肌に関心の高い人

いつまでも若々しい肌、艶のある髪でいたいと誰しも願うものです。タンパク質は、私たちが生きていく上で必要不可欠な栄養素です。美肌や健やかな髪作りにタンパク質は欠かせませんが、タンパク質を摂取すると、まず生命を維持することを優先とした部位に届けられるため、タンパク質が不足がちになります。美容に関心が高く、美肌を目指す人には積極的にプロテインでタンパク質を摂取することをおすすめします。

プロテインの風味の甘みが苦手な人

プロテインには、さまざまな種類のフレーバーがあります。チョコレート、バナナ、ストロベリー、抹茶など、飲みやすくするためにマスキングされていますが、そういったフレーバーが苦手な人や、プロテインを飲んだ時に感じる、甘みが苦手な人に、スーププロテインはおすすめです。

美味しく温活したい人

冷えは大敵、冷えは万病のもと。と、昔からいわれているように、体が冷えて体温が下がると内臓の動きも低下します。体を温めて基礎体温を上げ、体の不調を改善考えて温活したい人には、冷たい飲み物で割るプロテインより、温かいスーププロテインがおすすめです。

ダイエットをしている人

ダイエットやボディーメイクを頑張っているなかで、食事の管理が難しく栄養が偏ってしまっている人は多いでしょう。単純に食事を摂らないで体重を落とすのは、決しておすすめできません。一時的に体重を落とせたとしても健康を損ないます。スーププロテインを朝ごはんの代わりに食べるなど、置き換えダイエットにおすすめです。

OEMでスーププロテインを開発したい!おすすめのプロテイン原料

スーププロテインをOEMで開発する際に、どのプロテインを使用するかが大きなポイントになります。プロテインの種類によっては、原料のタンパク質が熱変性により、タンパク質の構造が変わってしまうため、スーププロテインには適さない種類もあります。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは、牛由来の乳清プロテインです。牛由来のプロテインは、WPC(ホエイプロテインコンセントレート)、WPI(ホエイプロテインアイソレート)もありますが、WPC、WPIは熱変性のためスーププロテインにはおすすめしません。

コオロギプロテイン・クリケットプロテイン

食用コオロギを粉末にし作られているコオロギプロテインは、別名クリケットプロテインと呼ばれています。高タンパク低糖質なことから新しいタンパク源として注目されている。

酵母プロテイン

酵母プロテインとは、パン酵母から抽出された第三のプロテインとして注目を集めています。SDGsの観点からも関心が高いプロテインです。

ソイプロテイン

大豆から作られた植物性のソイプロテインは、アミノ酸スコア100で動物性プロテインに劣りません。乳糖不耐症の人にもお飲みいただけます。

ピープロテイン

エンドウ豆から作られた植物性のピープロテインは、BCAAやアルギニンが豊富なことから、疲労回復に期待されています。

パンプキンシードプロテイン

パンプキンシードプロテインは、その名の通り、カボチャの種子から作られています。数あるプロテインのなかでもアレルギー反応が起こる可能性が低いというメリットがあります。(必ずアレルギー反応が起こらないわけでは、ありません)

ライスプロテイン

お米から作られたライスプロテインは、クセがなくほんのり甘みがあるのが特徴。食物繊維が多く、体内への吸収率が緩やかなことから、満足度の高いプロテインです。

玄米プロテイン・ブラウンライスプロテイン

玄米プロテインは、ブラウンライスプロテインとも呼ばれ、玄米から作られています。玄米に多く含まれるマグネシウムが多く含まれている。

スーププロテインをOEMで開発する際の7つのポイント

スーププロテインをOEMで開発する際の7つのポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

  • どんな人にスーププロテインを購入して欲しいか
  • OEMで開発するスーププロテインのコンセプト
  • OEMで製造するスーププロテインの販売方法は?
  • OEMで開発するスーププロテインの原料を決める
  • スーププロテインのデザインを考える
  • OEMで製造するスーププロテインのロット数を決める

どんな人にスーププロテインを購入して欲しい?

スーププロテインは、プロテインのように運動直後に摂取する人より、食生活の一部として取り入れたいと考えている人が多いプロテインアイテムです。
食事だけでは補えない栄養を美味しくサポートしたいと考えている人や、ダイエット中の人の栄養サポートとしておすすめのプロテインです。

OEMで開発するスーププロテインのコンセプトを決める

健康サポート、美容、美肌などプロテインOEMの開発コンセプトがあます。コンセプトが決まることで、必然とスーププロテインのOEM開発でしようしたいプロテインの候補が決まります。

OEMで製造するスーププロテインの販売方法などの販路

OEMで開発、製造したスーププロテインの販売方法も大切になります。ECで販売するのか、エステサロンやトレーニングジムなどの対面での販売なのか、それに合わせた販売ページも必要となります。

OEMで開発するスーププロテインの原料を決める

プロテインスープのコンセプトが決まったら、プロテイン原料を決めましょう。武内製薬では、多くのプロテインOEM開発、製造実績があるので、プロテインについて専門的な知識がない人もしっかりサポートしますので、ご安心ください。

売れるためにはスーププロテインのデザインも重要!

売上を伸ばすためには、スーププロテインの中身だけでなくデザインも大きなポイントとなります。一目で、スーププロテインの良さを伝えるデザインを考えましょう。
武内製薬には、専属のデザイナーが在籍しているので、スーププロテインのOEM製造だけでなく、デザインもお受けできます。

スーププロテインのOEM製造小ロットも可能

OEMでスーププロテインを製造する際、ロット数がカギを握ります。小ロットであればテストマーケティングとして試すことも、在庫を多く抱える必要もなくなります。
小ロットでスーププロテインのOEM費用を下げたいと考えた場合、ロット数と利益のバランスがポイントです。小ロットでスーププロテインのOEM開発をするなら、どのくらいのロット数で製造をすると利益が出るのか、お気軽にご相談ください。最適なロット数をご提案します。

オリジナルスーププロテインのOEM開発は個人でもできます

武内製薬では、法人だけでなく多くの個人事業主のお客様、副業でプロテインのOEM開発をし販売しているお客様が多くいらっしゃいます。WEBでのお打ち合わせも可能です。




武内製薬のOEMでプロテイン商品を開発製造したお客様事例

TOP